青汁の効果的な飲み方

青汁は、健康食品です。食べ物であり、医薬品ではないため、絶対にこう飲まなければならない、という飲み方は存在しません。

ですが、健康効果をよりよく得るために、いくつか気を付けるとよいことがあります。

まず第一に、青汁を効果的に摂取するためには「継続して飲み続けること」が一番大切です。

大量に飲めば一気に効果が出るというものではありません。

無理をして一度に大量に摂取するのではなく、少量ずつでもいいので毎日飲むほうがより効果が得られます。

料理サイトなどでおいしい飲み方が紹介されているので、様々なレシピを試して、自分に合う飲み方を探してみるのが良いでしょう。

また、まれに青汁が体質に合わない人もいるため、飲用後体調が悪くなった方はただちに服用をやめて医者に相談してください。

次に、「何を目的にして飲むのか」考えることが必要です。青汁を利用する目的は、健康目的、美容目的、ダイエット目的など、人によってさまざまにあると思います。

利用目的によって、効果的な方法も変わってきます。

例えば、野菜不足の補助として飲む場合は野菜が必要な食卓で摂取するのが良いでしょう。

野菜を食べるのは朝が特に良いとされているので、朝食と一緒に飲むのがおすすめです。

ダイエットのために飲む場合は、食事の前の空腹時に飲むのが良いでしょう。

食前の青汁で満腹感を得ることで、自然に食事の量を抑えることができます。

特に夕食前など、普通食事量が多くなってしまうタイミングで飲むとより効果的です。

便秘解消を目的とする人は、ヨーグルトや牛乳などの乳製品に混ぜて飲むとより高い効果が得られます。

就寝前に飲むと、朝のお通じがよくなるといわれています。

どの方法で飲む場合も、体に異変が出た場合はただちに飲み方を変えてください。

また、青汁の有効成分を壊してしまう飲み方がいくつかあるので、それらを紹介します。

時折、味を調えるために砂糖を混ぜる飲み方が紹介されていますが、これは、有効成分のひとつであるビタミンBを体内に入れる前に消費してしまいます。

ビタミンBは、糖分をエネルギーに変えてくれる成分です。このビタミンを消費しないために、甘さを加える場合は、ミネラルやビタミンが豊富なはちみつなどを混ぜるといいでしょう。

また、青汁の成分には熱に弱いものがあるので、あたためると効能が薄れてしまいます。

ぬるめのお湯を利用するなど、できるだけ熱を加えない飲み方を利用するのが良いでしょう。

野菜不足解消し、ダイエットにも便秘解消にも効果があるおすすめの青汁が、『すっきりフルーツ青汁』です。

すっきりフルーツ青汁」は自然痩せしたいあなたに最適です。

80種類を超える酵素と青汁を配合し、生きた乳酸菌配合でお腹の中もスッキリし、あなたのダイエットをサポートしてくれます。

ダイエットをしてもリバウンドすると意味がありません。

食事の根本から変えてリバウンドをしないボディにしたいものです。

乳酸菌がもたらす体の免疫力アップ効果!

 

人間の体内には、たくさんの免疫細胞があります。

これらの免疫細胞は、体内を巡回して侵入してきた病原菌にはたらきかけ、感染症などから体を守る役割をしています。

また、体内で発生した癌細胞を壊すはたらきもあります。このようなはたらきや効力を一般的には免疫力といいます。

特に、免疫細胞がたくさん存在する場所は腸で、腸には全体の60から70パーセントの免疫細胞があると言われています。

この腸では、栄養分の吸収が行われる所で、同時に病原菌やウィルスが侵入する入口にもなります。ですから、腸内環境を整えることは、免疫細胞の活性化をすることになり、腸からの病原菌やウィルスの侵入を防ぐことになります。

この免疫細胞を活性化するためには、乳酸菌を積極的に摂る必要があります。

乳酸菌には、免疫力をアップさせるはたらきがあります。

乳酸菌は数多くありますが、たくさんあるものの中でも、フェカリス菌は特に効果が高く、ウィルスに負けない体づくりには重要なものといわれています。

このフェカリス菌は、通常の乳酸菌と比較するとわずか5分の1程度の非常に小さな乳酸菌です。

加熱殺菌処理をした死菌の状態で摂り入れても効果を発揮し、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果や免疫力アップ・抗アレルギー・ダイエット効果が期待できます。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、フェカリス菌を1.7兆個も配合しています。腸までしっかり届き、年齢や生活環境による健康の悩みをサポートします。

乳酸菌は腸の中で糖分を分解し、大量の乳酸をつくりだして腸内環境を整えます。

また、腸のぜん動運動を活発んして便の水分量を調節してスムーズな排便を行うはたらきもあります。

さらに、乳酸菌に含まれる善玉菌が増えますので、腸内の悪玉菌を減少させることができます。

それによって、便秘や下痢が改善され、便秘による肌荒れも改善されます。

この整腸作用により、善玉菌のビフィズス菌が活性化します。ビフィズス菌は、乳酸と酢酸をつくりだすはたらきがあり、酢酸がもつ強い殺菌力によって有害な悪玉菌の繁殖を抑えることができます。

これにより、腸内環境が整えられると同時に腸を健やかな状態に保つことができます。

悪玉菌が増加することで、有害物質が腸内に留まりますので、体調不良が起こりやすくなり、大腸にポリープや癌が発生するリスクが高まります。

悪玉菌が増加する原因は、食生活や生活習慣の乱れや自律神経の乱れ、そしてストレスがあります。

悪玉菌はタンパク質を栄養にしていますが、食生活が乱れて肉類ばかりを食べると腸内に悪玉菌が増えてしまう環境をつくってしまいます。

ですから、食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類をバランスよく摂るようにして、有害物質と悪玉菌を体内にため込まないように体外に排出しやすい状態にすることはとても大切です。

また、不規則な時間に食事をしたり、睡眠不足や運動不足が重なってしまうと、悪玉菌の増殖が活発化してしまいます。

なるべく規則正しい生活をこころがけて適度な運動を日常生活に取り入れることも大切です。

さらに、ストレスによる自律神経の乱れも腸内環境に影響しますので、ストレスを解消し生活の中にリラックスする時間を上手く取り入れていくことも間接的に腸内環境を整えることに直結します。

このように、体内で乳酸菌のはたらきを高めるためには、根本的な体作りもとても重要です。

腸の管には全体の6割にあたる免疫細胞が存在していますので、腸内環境を整えることは腸を健やかにし、免疫細胞のはたらきを活性化させます。

それによって、免疫力アップにつながり、インフルエンザなどのウィルスに負けない強い体をつくりあげることができます。フェカリス菌は免疫力を高める作用が格段に高く、インフルエンザなどのウィルス感染を防ぐ効果も高いといわれています。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」には、今話題のフェカリス菌・ガゼイ菌・ブルガリクスなど全17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合しています。

このように腸内には腸内細菌と呼ばれて、腸内に生息している細菌がたくさんあり、これらの腸内細菌は生命活動に大きく関与しています。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3種類あります。

善玉菌は人間とって有益な働きをする菌なのに対して悪玉菌は有害なはたらきをする菌です。

日和見菌は目だった活動はしませんが善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまったときに、優勢な菌に加担してその働きを助ける活動をします。

これらの菌の集合体を腸内フローラといいます。これらの腸内フローラを乳酸菌を摂取することでうまくコントロールし、腸内環境を整えて免疫力を高めることが、腸内の健康と健やかな体作りにはとても大切です。

 

腸活のために乳酸菌や食物繊維を摂取しよう!

 

便秘が続くことによって、体にはどんな異常が出てくるでしょうか。

お腹が苦しい、お腹が重いというのだけではなく、多くの影響が出てくることになります。

肌が荒れてしまったり、お腹がポッコリと出てしまったり、痩せにくくなったりといいことはありません。

便秘になっていいことなどありませんので、悪い影響ばかりを与えられることになるのです。

便秘を改善しなければ、体には悪影響ばかりを与えられることになりますので、早く改善のためにできることを行っていきましょう。

便秘改善のために、行いたいこととしては、腸活があります。

どんな活動かというと、腸の環境を整えるようにしていく事です。

腸の環境を整えることによって、体の調子もよくなり、便秘の改善につながるだけではなく、ダイエット効果も期待できます。

腸活を行うためにとり入れたいものとしては食物繊維があります。

食物繊維を取るためには、食事の中に取り込んでいかなくてはなりませんので、主食の中からとりいれられるようにしておくといいでしょう。

例えば、大麦などにはたくさんの食物繊維が含まれていますので、ご飯に混ぜてとりいれるようにすれば、食事の中に取り込んでいきやすくなります。無理なく摂取していくためには、取り入れやすい方法を使うのが一番です。

腸活にいいとされているものには乳酸菌もあります。

乳酸菌に関して有名なのはヨーグルトが代表的ですが、ヨーグルトであれば毎朝の食事に取り入れやすくなります。

朝の食欲がない時だとしても、ヨーグルトであればさらっと食べやすいですので、朝の食事にはもってこいです。

ヨーグルトを摂取する時に同時に食べたいものとしては、バナナがあります。

バナナを一緒に摂取することによって、もともと腸にある善玉菌を増やしていくことが出来ますので、ヨーグルトとバナナは一緒に摂取するようにしておくといいでしょう。

時間のない朝だとしても、ヨーグルトは冷蔵庫から取り出すだけですし、バナナは皮をむきながらでも食べることが出来ますので、毎日続け易くなりますので、腸活には最適な乳酸菌の摂取方法です。

腸活をするために、乳酸菌や食物繊維をうまく体に取り込んでいきながら、便秘解消にも取り組んでいきましょう。

乳酸菌と食物繊維を同時に摂取できる「便活・腸活!便秘解消ダイエット!黒糖抹茶青汁寒天ジュレ」という食品もありますので、是非活用してみましょう。

とりいれたいのは、腸刺激エクササイズです。食べ物によって体の中にいいものを取り入れるだけではなく、体の外か等も刺激を与えていく事によって、さらに腸活につながっていきます。

方法としては、右の腰骨を右の手でつかみ、左の肋骨の下を左手でつかみます。手でマッサージをしながら、左右ともに5周ずつ腰を回していきます。これを数セット繰り返すようにしてみましょう。

このマッサージによって得やすい効果は、お腹の中のガスを動かしていく効果です。

便が長くたまりやすい部分を動かしていく事によって、排便を促せるようになっていきますので、腸活のためには一緒に取り入れていくといいエクササイズです。

便秘にいいとされている朝1杯の水ですが、これも簡単にできることですので、一緒に取り入れておきましょう。

効果として期待できるのは、お水を飲むことにより腸に刺激が伝わっていきます。朝時間がないからと食事や水分も取らずに出社するのは腸活のためにも良くありません。

必ず一杯の水を飲むようにすることで、体に変化をもたらしやすくなるのです。

そして食後にのみたいのが、オリーブオイルです。オリーブオイルを飲むと思うと、気持ち悪いと思うかもしれませんが、薬だと思って飲むようにするといいでしょう。

目安は大さじ二杯程度ではありますが、最初は飲みなれないですので、一杯から始めてみてもいいでしょう。

慣れてくれば徐々に量を増やすようにして、二杯のめれば理想的です。オリーブオイルを飲むことによって、腸内の滑りがよくなっていきますので、たまった便を出しやすくなります。

そのため、便秘で排便したときにおしりが切れていた人も、排便時の滑りがよくなりますので、おしりを痛がることなく排便しやすくなるでしょう。

排便時に痛みを伴うようになれば、どうしても排便したくなくなってしまいますし、体が怖がって硬くなってしまいます。

排便のたびに痛みを感じていると、出さなければいけないという気持ちはあったとしても、体が嫌がるようになり排便しづらくなってもいけませんので、オリーブオイルによって痛みを感じにくい排便が出来るようにならなくてはなりません。

便活・腸活を行うことによって便秘が解消され、排便が出来るようになれば、ウェストや体重の変化に驚くようになります。

今まで頑張ってもなかなか痩せることが出来なかった人でも、一か月で数キロ痩せられる人もいますし、ウェストが数センチ細くなる場合もあります。

無理なダイエットなどをして苦しい思いをすることなく、今までよりもたくさん食べてもやせられるというのは最高ですので、ダイエットを始める前に腸活をしてみるといいでしょう。