便で分かる腸内環境…腸環境を整える腸内細菌とは – エキサイトニュース


エキサイトニュース

便で分かる腸内環境…腸環境を整える腸内細菌とは
エキサイトニュース
腸内細菌」とは、動物やヒトの体内に棲んでいる細菌のこと。大腸内に500~1000種類、100億兆個が棲んでいるといわれています。菌のかたまりは「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼ばれますが、花畑のようにも見えるため「腸内フローラ」と言われることもあります。

and more »

便で分かる腸内環境…腸環境を整える腸内細菌とは – ニフティニュース


ニフティニュース

便で分かる腸内環境…腸環境を整える腸内細菌とは
ニフティニュース
腸内での理想的な割合は、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」だと言われています。この勢力争いで、善玉菌が優勢なときが「腸内環境が整っている」状態です。いかに日和見菌を善玉菌の味方につけるかが、腸内環境を整える鍵になるとも言われています。善玉菌の代表例 ...

and more »

腸内環境 関連記事 – GetNavi web (登録) (ブログ)


GetNavi web (登録) (ブログ)

腸内環境 関連記事
GetNavi web (登録) (ブログ)
私は、昔からの便秘症だ。以前、「温なオンナは美しい」というコラムにも書いたが、もしも便秘に5段階あるとしたら、間違いなくレベル5である。とはいえ、出産して食べるものや生活習慣に気をつけるようになり、以前よりは改善されてはきた。少なくとも、薬には頼らなくなったから。

and more »

便で分かる腸内環境…最近よく聞く「腸内細菌」「腸内フローラ」とは – All About NEWS


All About NEWS

便で分かる腸内環境…最近よく聞く「腸内細菌」「腸内フローラ」とは
All About NEWS
腸内での理想的な割合は、「善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7」だと言われています。この勢力争いで、善玉菌が優勢なときが「腸内環境が整っている」状態です。いかに日和見菌を善玉菌の味方につけるかが、腸内環境を整える鍵になるとも言われています。善玉菌の代表例 ...

日本古来の発酵食品が腸内環境を整えてくれる! 手作り「ぬか漬け」がいま大注目 – GetNavi web (登録) (ブログ)


GetNavi web (登録) (ブログ)

日本古来の発酵食品が腸内環境を整えてくれる! 手作り「ぬか漬け」がいま大注目
GetNavi web (登録) (ブログ)
心とカラダの健康のためには腸内環境がとても大切です。現代社会において、カラダに悪いものを一切摂らないということは、できれば理想ですが、なかなか難しいですよね。外食だとどこの食材かはわからないですし、また“悪いものを食べているかも”というストレスだってカラダに ...

and more »

高カカオチョコ 腸内の善玉菌増やし、便通改善 – asahi.com


高カカオチョコ 腸内の善玉菌増やし、便通改善
asahi.com
大腸には500兆個以上の腸内細菌がすみ、食物繊維などを餌に腸内環境を整えている。 菓子メーカーの明治と共同で、便秘気味の女性31人を2群に分け、カカオ分72%の高カカオチョコと、カカオたんぱく質を含まないホワイトチョコを、それぞれ毎日25グラム、2週間食べて ...

名古屋大学、1−ケストースによって腸内環境が改善されるしくみを解明 – 大学ジャーナルオンライン


大学ジャーナルオンライン

名古屋大学、1−ケストースによって腸内環境が改善されるしくみを解明
大学ジャーナルオンライン
このことから、ケストースが腸内環境を変化させることでインスリン感受性を増大させることが明らかになった。今回の成果によってケストースは肥満に伴うインスリン抵抗性を改善し、高血糖、高脂血症、高血圧を予防する食品成分としての可能性が示されたとしている。

ソフトバンク田中、おやつ納豆で腸内環境整える – 日刊スポーツ


東スポWeb

ソフトバンク田中、おやつ納豆で腸内環境整える
日刊スポーツ
乳酸菌も腸内環境を良くしてくれるので、パフォーマンスにもつながる。納豆はそんなに好きではないけど、おやつみたいな感じでサプリメント感覚で食べています」. 田中は大学時代にもオフの日には母親が冷凍にして送ってくれた料理を食べるなど、食事には人一倍気を使ってき ...
正義、増やすぞ納豆“筋” 糸引く直球に強い味方西日本新聞

all 5 news articles »

乳酸菌がもたらす体の免疫力アップ効果!

 

人間の体内には、たくさんの免疫細胞があります。

これらの免疫細胞は、体内を巡回して侵入してきた病原菌にはたらきかけ、感染症などから体を守る役割をしています。

また、体内で発生した癌細胞を壊すはたらきもあります。このようなはたらきや効力を一般的には免疫力といいます。

特に、免疫細胞がたくさん存在する場所は腸で、腸には全体の60から70パーセントの免疫細胞があると言われています。

この腸では、栄養分の吸収が行われる所で、同時に病原菌やウィルスが侵入する入口にもなります。ですから、腸内環境を整えることは、免疫細胞の活性化をすることになり、腸からの病原菌やウィルスの侵入を防ぐことになります。

この免疫細胞を活性化するためには、乳酸菌を積極的に摂る必要があります。

乳酸菌には、免疫力をアップさせるはたらきがあります。

乳酸菌は数多くありますが、たくさんあるものの中でも、フェカリス菌は特に効果が高く、ウィルスに負けない体づくりには重要なものといわれています。

このフェカリス菌は、通常の乳酸菌と比較するとわずか5分の1程度の非常に小さな乳酸菌です。

加熱殺菌処理をした死菌の状態で摂り入れても効果を発揮し、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果や免疫力アップ・抗アレルギー・ダイエット効果が期待できます。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、フェカリス菌を1.7兆個も配合しています。腸までしっかり届き、年齢や生活環境による健康の悩みをサポートします。

乳酸菌は腸の中で糖分を分解し、大量の乳酸をつくりだして腸内環境を整えます。

また、腸のぜん動運動を活発んして便の水分量を調節してスムーズな排便を行うはたらきもあります。

さらに、乳酸菌に含まれる善玉菌が増えますので、腸内の悪玉菌を減少させることができます。

それによって、便秘や下痢が改善され、便秘による肌荒れも改善されます。

この整腸作用により、善玉菌のビフィズス菌が活性化します。ビフィズス菌は、乳酸と酢酸をつくりだすはたらきがあり、酢酸がもつ強い殺菌力によって有害な悪玉菌の繁殖を抑えることができます。

これにより、腸内環境が整えられると同時に腸を健やかな状態に保つことができます。

悪玉菌が増加することで、有害物質が腸内に留まりますので、体調不良が起こりやすくなり、大腸にポリープや癌が発生するリスクが高まります。

悪玉菌が増加する原因は、食生活や生活習慣の乱れや自律神経の乱れ、そしてストレスがあります。

悪玉菌はタンパク質を栄養にしていますが、食生活が乱れて肉類ばかりを食べると腸内に悪玉菌が増えてしまう環境をつくってしまいます。

ですから、食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類をバランスよく摂るようにして、有害物質と悪玉菌を体内にため込まないように体外に排出しやすい状態にすることはとても大切です。

また、不規則な時間に食事をしたり、睡眠不足や運動不足が重なってしまうと、悪玉菌の増殖が活発化してしまいます。

なるべく規則正しい生活をこころがけて適度な運動を日常生活に取り入れることも大切です。

さらに、ストレスによる自律神経の乱れも腸内環境に影響しますので、ストレスを解消し生活の中にリラックスする時間を上手く取り入れていくことも間接的に腸内環境を整えることに直結します。

このように、体内で乳酸菌のはたらきを高めるためには、根本的な体作りもとても重要です。

腸の管には全体の6割にあたる免疫細胞が存在していますので、腸内環境を整えることは腸を健やかにし、免疫細胞のはたらきを活性化させます。

それによって、免疫力アップにつながり、インフルエンザなどのウィルスに負けない強い体をつくりあげることができます。フェカリス菌は免疫力を高める作用が格段に高く、インフルエンザなどのウィルス感染を防ぐ効果も高いといわれています。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」には、今話題のフェカリス菌・ガゼイ菌・ブルガリクスなど全17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合しています。

このように腸内には腸内細菌と呼ばれて、腸内に生息している細菌がたくさんあり、これらの腸内細菌は生命活動に大きく関与しています。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3種類あります。

善玉菌は人間とって有益な働きをする菌なのに対して悪玉菌は有害なはたらきをする菌です。

日和見菌は目だった活動はしませんが善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまったときに、優勢な菌に加担してその働きを助ける活動をします。

これらの菌の集合体を腸内フローラといいます。これらの腸内フローラを乳酸菌を摂取することでうまくコントロールし、腸内環境を整えて免疫力を高めることが、腸内の健康と健やかな体作りにはとても大切です。

 

乳酸菌と腸内環境、便秘について!

 

わたしたちの腸内には様々な細菌が無数に存在しています。

これらは人間に対する影響の違いで3種類に分けられているのです。

まず善玉菌です。

善玉菌とは腸内に生息している細菌の中でも健康維持に多大な貢献をしてくれるもののことを指します。

腸内を酸性にすることで外部から入ってきた有害な菌を攻撃したり、のちに紹介する悪玉菌の増殖を抑える働きがあります。腸内ビフィズス菌や乳酸菌などがこれに当たります。

ビフィズス菌と乳酸菌は働きが良く似ているため同種とする場合がありますが、若干定義が異なるので注意しましょう。

まず乳酸菌は発酵によって多量の乳酸を発生し、さらに悪臭の原因となるような腐敗物質を作らない細菌という定義があります。

多量といのは、一般的に50%以上とされています。

一方でビフィズス菌も同じような働きをしますが、乳酸の発生量は50%未満であり、酢酸の方を多く発生させます。

善玉菌に対して、悪玉菌というものもあります。

こちらは腸内の腐敗を促進させる働きです。また発がん物質や毒素のある有害物質を作り出し体の抵抗力を弱めてしまうので、下痢や便秘の原因になってしまいます。

腸内をアルカリ性にするという人体への悪影響もあります。悪玉菌に属しているのは大腸菌やブドウ球菌などです。

これらの善玉菌と悪玉菌の双方に属さない日和見菌というものがあります。

日和見菌とは腸内の環境によって善玉菌にも悪玉菌にもなりうる細菌のことを指します。

腸内に善玉菌が多い場合には善玉菌としての役割を、反対に悪玉菌が多い場合には悪玉菌としての役割を果たします。

腸内環境内の細菌に占めるそれぞれの割合は15%が善玉菌、10%が悪玉菌、75%が日和見菌です。

そのため体調などで悪玉菌が増加してしまうと、すぐに腸内環境の悪化につながってしまうということになってしまいます。

それでは乳酸菌をはじめとした善玉菌を腸内環境で増やすためには、どのようなことをすれば良いでしょうか。

まずはターゲットとなる善玉菌を多く含む食品を摂取することです。

よく知られているのはヨーグルトです。ヨーグルトとは牛乳や乳製品を乳酸菌または酵母で発酵させたもののことです。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌はほとんどが胃の中で胃酸によって死滅してしまうのですが、いくつかは生きたまま腸内に届けられ活躍します。

近年では「生きたまま腸に善玉菌を届ける」ことを目的としたヨーグルトも発売されるなど、腸内環境に焦点を置いた商品も多く発売されるようになりました。口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」も腸までしっかり届き、年齢や生活環境による健康の悩みをサポートします。

実際ビフィズス菌やアシドフィルス菌、フェカリス菌などは、腸まで届くことが実証されています。

また腸内で死んでしまったとしても、食物繊維と同じ働きをしてくれるということには注目しなければなりません。

食物繊維は腸内環境を悪化させる悪玉菌の死骸を体外へと排出してくれるので、腐敗や悪臭を防いでくれます。また腸の蠕動運動を促進するという良い効果も期待できます。

ですから便秘に悩んでいらっしゃる方にもヨーグルトはオススメです。

食物繊維を豊富に含む食品は他にもたくさんあります。

穀物や芋類、豆類は有名ですし、海藻類やキノコ類にもたくさん含まれています。

またヨーグルトが腸内環境に良い影響を与えるもう一つの理由として、乳製品に含まれる糖分である乳糖の特徴が挙げられるでしょう。乳糖は胃の中で胃酸によって分解されにくいという性質を持っています。

腸内の善玉菌はこの乳糖を栄養にして増殖しているので、これを摂取することで腸内環境における乳酸菌やビフィズス菌の働きを活性化させることができるのです。

前述の通り、乳糖を分解することで乳酸や酢酸などの酸性物質が生成されます。このようにすることで腸内を酸性に保ち、アルカリ性の環境を好む悪玉菌の活性化を抑え込んでくれることを期待できるのです。

このような乳糖はオリゴ糖に含まれます。

オリゴ糖はタマネギやゴボウ、アスパラガス、とうもろこしなどに豊富に入っていますので、これらを積極的に摂取することも、非常に良いと言えるでしょう。しかしこのような食品を日常的に摂取することは、忙しい現代人にとっては難しいことかもしれません。

口コミで大人気の乳酸菌サプリメント「女神フローラ」は、非常に手軽に善玉菌を摂取できるのでオススメです。

今話題のフェカリス菌を1.7兆個も配合し、16種類の乳酸菌で腸内フローラを整え、オリゴ糖配合で腸内の善玉菌を増殖させる効果がありますので、腸内環境を整えてゆるやかに便秘を改善してくれます。

また、適度な運動やストレスの少ない生活を送るように心がけることも必要なことです。現代人の多くがストレスに悩まされています。

しかしこれによって腸内環境が悪化してしまうということは、あまり知られていません。実はストレスを感じることによって腸の消化液の分泌が抑制されてしまうのです。

そうすると腸内がアルカリ性に傾いたり、腐敗物質の割合が増えることにつながります。すると悪玉菌の生息しやすい環境になってしまうのです。

ですから睡眠の質をあげたり適度な運動を行うなどによって、ストレスの解消を行い、腸内環境の改善に努めなければなりません。