ISS・きぼうマンスリーニュース第45号 – 宇宙航空研究開発機構


宇宙航空研究開発機構

ISS・きぼうマンスリーニュース第45号
宇宙航空研究開発機構
宇宙環境における健康管理に向けた免疫・腸内環境の統合評価(Multi Omics)研究を継続して行っています。 宇宙飛行士にとって宇宙環境は、微小重力、閉鎖環境、宇宙放射線という特徴があり、骨量低下、筋委縮、睡眠障害、免疫障害などの生理的リスクを引き起こします。