乳酸菌がもたらす体の免疫力アップ効果!

 

人間の体内には、たくさんの免疫細胞があります。

これらの免疫細胞は、体内を巡回して侵入してきた病原菌にはたらきかけ、感染症などから体を守る役割をしています。

また、体内で発生した癌細胞を壊すはたらきもあります。このようなはたらきや効力を一般的には免疫力といいます。

特に、免疫細胞がたくさん存在する場所は腸で、腸には全体の60から70パーセントの免疫細胞があると言われています。

この腸では、栄養分の吸収が行われる所で、同時に病原菌やウィルスが侵入する入口にもなります。ですから、腸内環境を整えることは、免疫細胞の活性化をすることになり、腸からの病原菌やウィルスの侵入を防ぐことになります。

この免疫細胞を活性化するためには、乳酸菌を積極的に摂る必要があります。

乳酸菌には、免疫力をアップさせるはたらきがあります。

乳酸菌は数多くありますが、たくさんあるものの中でも、フェカリス菌は特に効果が高く、ウィルスに負けない体づくりには重要なものといわれています。

このフェカリス菌は、通常の乳酸菌と比較するとわずか5分の1程度の非常に小さな乳酸菌です。

加熱殺菌処理をした死菌の状態で摂り入れても効果を発揮し、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を改善し、高い整腸効果や免疫力アップ・抗アレルギー・ダイエット効果が期待できます。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」は、フェカリス菌を1.7兆個も配合しています。腸までしっかり届き、年齢や生活環境による健康の悩みをサポートします。

乳酸菌は腸の中で糖分を分解し、大量の乳酸をつくりだして腸内環境を整えます。

また、腸のぜん動運動を活発んして便の水分量を調節してスムーズな排便を行うはたらきもあります。

さらに、乳酸菌に含まれる善玉菌が増えますので、腸内の悪玉菌を減少させることができます。

それによって、便秘や下痢が改善され、便秘による肌荒れも改善されます。

この整腸作用により、善玉菌のビフィズス菌が活性化します。ビフィズス菌は、乳酸と酢酸をつくりだすはたらきがあり、酢酸がもつ強い殺菌力によって有害な悪玉菌の繁殖を抑えることができます。

これにより、腸内環境が整えられると同時に腸を健やかな状態に保つことができます。

悪玉菌が増加することで、有害物質が腸内に留まりますので、体調不良が起こりやすくなり、大腸にポリープや癌が発生するリスクが高まります。

悪玉菌が増加する原因は、食生活や生活習慣の乱れや自律神経の乱れ、そしてストレスがあります。

悪玉菌はタンパク質を栄養にしていますが、食生活が乱れて肉類ばかりを食べると腸内に悪玉菌が増えてしまう環境をつくってしまいます。

ですから、食物繊維を多く含む野菜や海藻類、豆類をバランスよく摂るようにして、有害物質と悪玉菌を体内にため込まないように体外に排出しやすい状態にすることはとても大切です。

また、不規則な時間に食事をしたり、睡眠不足や運動不足が重なってしまうと、悪玉菌の増殖が活発化してしまいます。

なるべく規則正しい生活をこころがけて適度な運動を日常生活に取り入れることも大切です。

さらに、ストレスによる自律神経の乱れも腸内環境に影響しますので、ストレスを解消し生活の中にリラックスする時間を上手く取り入れていくことも間接的に腸内環境を整えることに直結します。

このように、体内で乳酸菌のはたらきを高めるためには、根本的な体作りもとても重要です。

腸の管には全体の6割にあたる免疫細胞が存在していますので、腸内環境を整えることは腸を健やかにし、免疫細胞のはたらきを活性化させます。

それによって、免疫力アップにつながり、インフルエンザなどのウィルスに負けない強い体をつくりあげることができます。フェカリス菌は免疫力を高める作用が格段に高く、インフルエンザなどのウィルス感染を防ぐ効果も高いといわれています。

腸内フローラを元気にする乳酸菌サプリ「女神フローラ」には、今話題のフェカリス菌・ガゼイ菌・ブルガリクスなど全17種類・1.7兆個の乳酸菌を配合しています。

このように腸内には腸内細菌と呼ばれて、腸内に生息している細菌がたくさんあり、これらの腸内細菌は生命活動に大きく関与しています。

腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、そして日和見菌の3種類あります。

善玉菌は人間とって有益な働きをする菌なのに対して悪玉菌は有害なはたらきをする菌です。

日和見菌は目だった活動はしませんが善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れてしまったときに、優勢な菌に加担してその働きを助ける活動をします。

これらの菌の集合体を腸内フローラといいます。これらの腸内フローラを乳酸菌を摂取することでうまくコントロールし、腸内環境を整えて免疫力を高めることが、腸内の健康と健やかな体作りにはとても大切です。